募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年11月17日

電気こんろ火災 スイッチ触れただけで「入」に!

 
   電気こんろ火災

 古いタイプの電気コンロでの火災が後を絶たないそうです。

 この古いタイプというのは、回転式のスイッチに接触防止のガードが付いていない、むき出しになっているタイプのものです。いちばん下の新聞折り込みチラシ(PDF)をご覧ください。
 そのダイヤル(スイッチ)に、自分でも気づかずに物や体が当たり電源が入った状態になり、コンロ上に置かれたものなどが燃えてしまう火災が良く起きているそうです。

 この問題は、既に85年に発覚していて各メーカーでは、スイッチの周りにガードを取り付け、体などが当たっても回らない構造に変更したそうです。
 これまで、『89年以降19年以上に亘り、チラシやポスター、新聞広告等による啓発活動を繰り返し実施し、また90年以降、つまみが飛び出たタイプのスイッチ操作部を改修する活動を進め、その他関係公的機関・企業・団体への協力要請など様々な取り組みを行ってまいりました。』ということです。

 ところが、依然として事故が減少しないため、今後さらに安全対策を加速するために、昨年の6月20日付けに小形キッチンユニット用電気こんろ協議会を設立。
 
 今後は、該当各社における100%改修の早期実現を目指して、当協議会としても、事故の再発防止の加速のための取り組みを強化してまいります。
 なお、当協議会設立時の加盟会社は、従来から上記の取り組みを推進してまいりました社団法人日本電機工業会傘下の電気こんろメーカー4社およびキッチン・バス工業会傘下の小形キッチンユニットメーカー9社の計13社でございますが、今後、該当製品の取り扱いがあり、当協議会の目的にご賛同いただける企業様には、当協議会への新規加盟を呼びかけてまいります。

 そして、明日の18日(火)には、東京・渋谷駅周辺で街頭活動を行い注意を呼び掛けるそうです。
       引用元:@niftyニュース 
          :小形キッチンユニット用電気こんろ協議会

 これからの季節、乾燥して火災も起きやすくなるので、尚更注意が必要ですね。回収は無償で行っているそうです。
 同協議会の
連絡先はフリーダイヤル(0120−355−915)です。

 小形キッチンユニット用電気こんろ協議会のサイトはこちらです。

 新聞広告折込チラシはこちら
 なお、こちらの折り込みチラシはPDFファイルになっています。
 PDFファイルを表示するためには、Adobe® Reader® が必要です。
 お持ちでない方は、無料ですのでこちらからダウンロードしてください。




    ひっそりと、ブログランキング
      




               
posted by るんちゃん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 注意して!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109812739

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。