募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年11月15日

クルム伊達公子さん戦後2人目の“30代女王”に!! 

 
 クルム伊達公子さん

   戦後2人目の“30代女王”に!!

 テニスの第83回全日本選手権は第7日の15日、東京・有明テニスの森公園で女子シングルスの決勝などを行った。
 女子シングルスのクルム伊達公子(エステティックTBC)は瀬間友里加(ピーチ・ジョン)にストレート勝ちし、連覇した92年以来、3度目の優勝を果たした。
 41歳5カ月の最年長記録で優勝するまで8連覇した宮城黎子(故人)選手に次ぐ、戦後2人目の高齢制覇となった。

 14日には、第1シードで2連覇を狙った中村藍子(24=ニッケ)を6−3、6−3のストレートで破り、決勝に進出した。
 「今は支えてくれる人と心を共有している」。夫でカーレーサーミハエル・クルムも観客席で声援を送っていたそうです。タイトルにも「まさか決勝に来るとは思ってもいなかった」と、無欲での決勝進出となった。
 また、「この日を目標に半年間、やってきた。まさか優勝するとは思わなかった。日増しに体が動き、思い描くプレーができた。全日本を40歳で優勝し、今年亡くなられた大先輩の宮城黎子さんがパワーの源になった。」と話したそうです。

 4月に復帰する時点で、すでに目標がこの全日本と定めていたそうです。流石は、世界のトップレベルで活躍していた選手ですね。

 95年11月には日本人女子史上最高となる世界ランク4位まで浮上していましたが、96年に26歳の若さで引退を決意。日本テニス界の至宝と呼ばれる存在だった。
2001年に結婚。
 2008年3月に行われたグラーフ、M・ナブラチロワとのエキジビジョン・マッチに参加、この試合がきっかけとなり、2008年4月7日に12年ぶりとなる現役復帰を発表。
 復帰戦のWTA(女子テニス協会)ツアー下部大会でダブルス優勝、シングルス準優勝の快挙を成し遂げた。世界ランクは198位。

 12年のブランクを感じさせない活躍ですね。スポーツだけでなく、全てに於いてそうなのでしょうが、精神力が強いというか、根性があるんですね。
 話、変わってしまいますが、今年2008年K−1 WORLD MAXの魔裟斗選手。5年ぶりの世界王者になった試合は、凄かった!!
 で、今日はYouTubeからA・キシェンコ vs 魔裟斗の試合をのっけちゃおっと!
 ごめんなさい。まったく関係ない映像で。でも、この試合は凄いです!!
ガッツがあれば、なんでもできる♪
 
 


        ブログランキング参加中です。
     良かったらポチッ!っと応援お願いします^^

          ブログランキング




             
posted by るんちゃん at 22:05| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊達公子さん、年齢を感じさせない活躍、素晴らしいですね。
新たな中高年の星となるかも?
(女性に対しては、失礼かもしれませんね)
Posted by 桃源児 at 2008年11月15日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109717209

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。