募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年10月15日

首都高速5号線のタンクローリー事故 賠償額が45億円にもなる!?

 
◆ 首都高速5号下り線で起きた
       タンクローリーの炎上事故
            賠償額は45億円にもなる!!


 首都高速5号線(下り)で2008年8月3日に起きたタンクローリーの炎上事故で、首都高速道路会社はタンクローリーを所有する運送会社に対して検討されている損害賠償請求額は45億円にもなるという。
 事故はガソリンと軽油を満載したタンクローリーがカーブを曲がりきれずに横転し、側壁に衝突し炎上したもので、約三時間半後に火は消し止められた。
 しかし、この事故によって路面や側壁などが数100メートルにわたり燃え、道路も最大で60センチ沈んだ所もあった。また、隣接しているマンションの外壁も焼けた。架け替えるなどの復旧工事に数カ月かかるとみられていたほどの大事故だった。運転手は助かりましたが。
 今回検討されているという賠償額45億円の内訳が、復旧工事費約20億円、08年8、9月の通行止めや渋滞などから発生したと考えられる25億4千万円の減収分を足した45億4千万円。
 記事内では、『首都高広報はJ-CASTニュースの取材に対し、「支払い能力のある無しにかかわらず、賠償請求はきっちり行います」と話している。』ということです。
 しかしながら、『タンクローリー6台を含む46のトラックしか持たない運送会社が、これほど膨大な賠償金を払えるはずがない。』とも。
 石油会社大手の話によれば、『下請けの運送会社には事故が起こった場合を想定し、「最低でも10億円以上の保険」に入る事を指導しているそうだ。』これは火災や爆発が付帯された保険だそうです。とはいえ、運送会社全部が保険に入っているかは疑問だという。
 事故を起こした運輸会社に、『賠償金を支払う能力があるのか聞いたところ「まだ確定した賠償請求が来ていないため(支払えるかどうか)わからないが、誠心誠意対応していきたい」と同社では話している』そうです。
 請求額が決定するのは、景気の動向や原油高の影響を考慮することになるので、少し先になるみたい。
                      引用元:@niftyニュース

 首都高5号線は、朝や夕方の通勤時間帯はいつも渋滞しているそうですからねぇ。確かに、友達も困るという話はしていましたが、45億円とはすごい金額です。
 また、5号線は結構きつめのカーブが続いていますからね。安全運転、安全運転ですね^^スピード違反で2回も捕まった人が言えないのですが…(´〜`ヾ) ポリポリ・・・
 もう、歳ですから、スピードは出しません^^


     ブログランキング参加中です。
   良かったら、ポチッ!とお願いします^^

        ブログランキング

 




                 


posted by るんちゃん at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!
道路施設の賠償金って驚く程高いですよね!
でも、通行止めや渋滞などから発生したと考えられる減収分25億4千万円ってのは高すぎると思うのですが・・・
安全運転しようっと!
応援ポチ完了です!
今日も1日、良い日をお過ごしください。
ニックス
Posted by ニックス at 2008年10月16日 07:43
こんにちは。
コメント、応援ありがとうございます^^
車は何を起こしても高くついちゃいますねぇ〜^^
自分で勝手にぶつけちゃっても、気分はへこむし、車はへこむし…
|||||||/(´ω`;)\|||||||||オーマイガーッ!!
大事に、愛情持って運転しなくては。
応援ポチッ!×3参上いたしまぁ〜す^^
では、では。
Posted by るんちゃん at 2008年10月16日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。