募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年09月16日

レーシックに変わる角膜矯正療法!?『オルソケラトロジー』『オサート』

 “るんちゃん”この間の教習所での視力検査で0.2と0.3になってしまっていました。
   w( ̄△ ̄;)wああっ!いつの間に…
 って、事で今日は視力回復について。新しい治療法があるんですね。
でも、チト高い!まして、コンタクトも付けたくない!!
 本当のところ、“るんちゃん”お勧めはこれなんですけど…
 任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な
       視力回復の第一人者:川村明宏 博士の


【視力回復】14日間視力回復プログラム!
        川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

今月の23日(火)に値上げ!うーん、買っちゃおうかな!?

今日の情報はこちらから  
◆ レーシックに置き換わるか〜
     『オルソケラトロジー』と『オサート』


 現在、視力回復の目的で『レーシック』または『イントラレーシック』という角膜矯正療法が人気ですが、これに変わる『オルソケラトロジー』『オサート』と呼ばれる角膜矯正療法が期待されているという。 
 一般にメガネやコンタクトでは入ってくる光を、凹レンズを通して焦点を後退させることで、網膜上に結像させるようにする。(近視の場合、焦点が網膜の手前で結ばれてしまう事を補正している。) 
●レーシックイントラレーシックは、角膜中央部をレーザーで焼き、くぼんだ状態にして角膜に凹レンズの形状をつくるもの。
 メリットとしては手術も簡単でリスクは少ないとされる。費用も以前より安くなっている。
 しかしデメリットとして、いったん焼いた角膜は元に戻らず、施術者によってはトラブルが起こる場合もある。それに角膜の屈折率が変わっているため、将来高齢になって起こりうる白内障の手術の際に苦労が伴う場合も。また、術後ドライアイなどになることもあるという。(時間がたてば無くなるそうです。)
 
 これに変わる角膜矯正療法が『オルソケラトロジー』、そしてより精密にして強度の近視や乱視、遠視、老眼などにも使えるようにしたものが『オサート』。
 残念ながらこの治療を適切に行うには、特殊な治療のため、経験と特有の知識の蓄積が不可欠で、現在では「オルソケラトロジー」を日本で最初に始めた三井石根医師の「三井メディカルクリニック」のみという現状です。
 また、数分ではっきりと結果が出るレーシックに比べると、成果を実感するのに時間がかかる。めやすとして、視力0.01の人が、矯正によって裸眼で車を運転できる可能性がある場合、それが実現するのは1年ぐらいかかるようだ。という。
 また、気になり費用だが、初診料は2470円〜3500円。レンズはオサートの場合で治療費込み両眼38万円、片眼27万円 (どちらも税別)。同クリニックによると、カード払いが使え、「24回まで」という。1回あたり1万7000円ぐらいといったところ。
 レンズ使用の流れは、こちらを参考に!
●オルソケラトロジーは、内側に特殊なカーブをもった専用コンタクトレンズをはめ、自分の角膜全体を凹レンズ化させる。それを夜間着用することで、朝起きてはずした時に角膜は型付け(凹レンズ化)が残り、日中は矯正された状態となりメガネやコンタクトなしで過ごせるというもの。しかし、従来のこの療法では軽度の近視の方にしか治療が出来ないという限界があった。
●オサート。この壁を超えることに成功した画期的な治療法です。
この『オサート』では、今まで一回のレンズデザインで終わりであった治療を、最初のレンズ装着後、治療の進捗=治療された角膜の状態に合わせてレンズデザインを変え、徐々に段階的に角膜の形状をさらに凹レンズ化させていく(2回以上のレンズデザインを行う)というものです。
            一部引用:オサート/オルソK協会

  いつも応援ありがとうございます^^
 皆さんの応援が何よりの励みです ヨロシク(^○^)/
    
     ブログランキング

 んっで、また広告をっ!! m(*- -*)mス・スイマセーン
 でも、目の悪い方。“るんちゃん”みたいに手術はちょっと…、という方にお勧めです。



【視力回復】14日間視力回復プログラム!
        川村博士の視力回復法”ジニアスeye"











                    
 
 
posted by るんちゃん at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。