募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年08月26日

スパム×3 ご注意を!!こんな被害も…!

 
コンピュータ・ウイルスは、次から次へと進化を続けているので、セキュリティ・ソフトの更新などは定期的に行いましょう!

◆ 請求書を装うスパムが多発、マルウェアに注意

 『セキュリティ企業の英Sophosは、7月に検出したコンピュータウイルスのランキングを発表した。』
 請求書などを装う形で、マルウェアなどを含んだ悪質な添付ファイルをユーザーに開かせる手口で、「Troy/Invo」「Troy/Spy」「Mal/Spy」が利用しているという。・・・

◆ Google悪用のスパムに警戒を!

 『メッセージングセキュリティの英MessageLabsは、7月のスパム動向リポートを公開し、Googleサービスを悪用したスパムに警戒するよう呼びかけた。』
 7月はGoogleのWebサイト構築サービス「Google Sites」を悪用してマルウェアをホスティングする手口が増加したという。手口はGoogle Sitesで作成したページのリンクを記載したスパムメールをユーザーに送り付け、リンクをクリックするように促すというもの。
 このほかにも、Webサイトを改ざんしてしまうという被害も出ているという。それにより、マルウェアなどを仕掛けられた正規サイトが増えているのだそうです。
 『MessageLabsは、Web経由の攻撃は従来にはない脅威であり、高度なWebセキュリティ対策の構築が必要だとリポートの中で述べている。』

◆ Microsoft装うスパム

 『このスパムはMicrosoftからのメールマガジンをかたり、受信者にIE 7をダウンロードするよう呼び掛けている。受信者がスパム内のURLをクリックすると、IE 7ではなく偽のセキュリティソフトがダウンロードされる。』
 これは私のメールにも入っていたことがあるのですが、開かなくて良かったぁ〜。(〃´o`)=3 フゥ 何となく怪しかった。(勘ですかい…)・・・( ̄  ̄;) うーん
でも、 Microsoftからこのようなメールが来たら、開いてしまいそうですよね。

 そんななか、GoogleのブログサービスBloggerでは、公式ブログをアルゴリズムではスパムじゃないと判断したにもかかわらず、データ処理コードがブロックをかけていたということも起きている。この問題はすでにGoogle側から謝罪があり、更新できなくなっていたすべてのアカウントを復旧済みとのことです。それでも、被害に遭われた方にとっては大問題ですよね。
                    @niftyニュースより一部引用

 まだまだ、完璧でないコンピュータ。訳わかんない専門用語ばっかり。知り合いの人が今のWEBサービスはセキュリティが甘いと言っていたが、安全に使えるようになる日は来るんだろうか???

 マルウェア:malicious software (悪意のあるソフトウェア) の短縮された語で、単一のコンピュータ、サーバー、コンピュータネットワークにウイルス、またはスパイウェアなどの被害を起こすように設計されたソフトウェア全般を示す言葉として一般的に使用されます。
                  MicrosoftTechNetより引用

 ご注意!ご注意!

 って、言ったってねぇ〜《《0=(゚〇゚)=0》》バリアー!
 アッ!壊れたか!?

 こちらを、一回ポチッ!として!!
 スパムじゃありません。ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ♪

  ブログランキング












                    
 
posted by るんちゃん at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 注意して!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。