募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年08月24日

イルカ まだまだ未解明な能力いっぱいですが…。

 
◆ イルカ物を認識させ異なる鳴き声を出すよう訓練!?
              
         イルカ.jpg
              記事とは関係ありません。画像提供元⇓
              画像:アクアリウム・フォトグラフ
              撮影場所:鴨川シーワールド
                  転載禁止!

 東海大シロイルカに異なる物を見せ、それに応じて違う鳴き声を出させる実験に成功したという。
 鴨川シーワールド(千葉県)で飼育されているシロイルカ(推定23歳)で実験。フィンとバケツ、ゴーグルを見せ、異なる鳴き声を出すよう訓練するというもので、シロイルカはフィンは短い高音、バケツは短い低音、ゴーグルは長い高音と鳴き分けていることが分かった。
 その逆に、録音した鳴き声を聞かせ、それぞれに対応する物を選ばせることもできたという。
 この実験により、人がその音(言葉)を発するようになるのに、物を示す言葉を覚えて物ごとに決まった音があることを認識していく行程と同じ過程で覚えたことになるという。
 いずれは、「イルカとあいさつができるようになるかもしれない」と訓練した村山司教授(動物心理学)は期待を膨らませている。
                      YahooJAPANより引用

 イルカが人を癒すイルカセラピー(正しくはイルカ介在療法)。
 イルカセラピーでは自閉症患者障害者への治療などに効果があることが報告されています。
 国内でもいるかと接することのできる場所も増えているようです。  沖縄のルネッサンスリゾートオキナワドルフィンプログラム
 千葉県鴨川シーワールドでは(ニュース→イベント情報で)ときめき体験”“ドルフィンダイビングとい企画も。(ドルフィンダイビングではダイビングライセンスの「Cカード」が必要。)
香川県さぬき市、南知多ビーチランドなどでふれあい体験が行われています。
 新江ノ島水族館では浅いところではありますが、ハッピードルフィンというふれあい体験が出来ます。
 イルカには健常者と自閉症患者を見分けることができるといわれており、特別な対応をするみたいで、暴れることなく、とても優しく、注意深くふるまい、おとなしくするそうです。 つぶらな瞳のイルカは可愛いから、スグに仲良しになれそうですね。なんか、愛情いっぱいという感じ。スピリチュアルな面もあるそうです。
 私は、アクアリウムで癒されていますが…。
 そういえば、ホースセラピーも人気があるそうです。

 こちらをポチッ!としてくれると、嬉しい〜! ^^
      ブログランキング










                         
posted by るんちゃん at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105273726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。