募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年08月17日

原 丈人(はら じょうじ) 凄い人がいる!!

 
 たまたま、フジTVにて「報道2001」を見たのだが、こんな凄い人がいるんだとビックリ。
 というか、今頃知ったのが遅い…!?

 原 丈人 (はら じょうじ)が、そのひと。

 原 丈人プロフィールはここが分かり易い。
 原 武人奥田 喜久男による対談の下。


 何が凄いと感じたのか。

 「日本を世界で一番必要な国にする」
 
 この壮大な信念を持って現在も活躍している。でも、これで凄いと感じたのではないのですよね。

 ● 「XVD」により無料でのTV電話を使用した貢献
 番組内では、世界の最貧国でもあるバングラデシュにおけるヒ素中毒(天然ヒ素を井戸水から摂取して中毒に)の治療に役立てるために、XVDを使用するというものでした。
 同国内の貧弱な通信網でも使用できました。

 ● スピルリナ(世界一たんぱく質濃度の高い食物)を使った世界の飢餓対策

 このスピルリナタンパク質の含有量が約60〜70%と非常に高いのです。大豆でも34%というから、この数値がかなり高いとわかります。
 また、スピルリナのタンパク質は植物性で体内でスムーズに消化するということです。消化吸収率が高いのですね。

 スピルリナについて詳しくは、こちら。

 ● PUC21世紀を支える新たな技術を提唱している。

 PUC(パーペイシブ・ユビキタス・コミュニケーションズ)については、こちらを見てみて。

 「自分の報酬と株主の利益ばかりを追い求める経営者が牛耳る米国のIT産業からは、もう新しい技術は生まれません」とも断言する。

 更には、資本主義社会の崩壊ともとれる談話も載っていた。
 忘れました。`s(・'・;) エートォ... すみません。

 著書に「21世紀の国富論」平凡社 \1,470 があります。

 優しい目をして、「やっていて一番、楽しい」という。

 世界に、ここ日本に、こんなに壮大な未来像を持っている人がいることに感動してしまった。
 ちょっと、鳥肌立ってしまいました。
 いつになるのか分かりませんが、いずれは一切お金の必要でない世界が生まれるという話を聞いたことも…。
 夢物語みたいで、現状では考えられませんが…。

 最後に、勝手に暴走してしまった感じで、失礼いたしました。












     
posted by るんちゃん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104876969

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。