募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年08月11日

北京オリンピック経済効果のひとつ!?その裏では…。伝説のスピーチも聞いて!!

 
 北京オリンピックによる経済効果ですね。

◆ 中国国際航空、米ボーイング機45機を購入へ
 中国国際航空(エアチャイナ)は15日、米ボーイング777型機を15機、737型機を30機購入予定だと発表した。中国の航空会社による発注規模としては過去最大級となる。
 エアチャイナはすでにボーイング機を運航しており現在、787型機(通称ドリームライナー)15機の納入を待っている。

 関連記事:米ボーイング

◆ 米ボーイング、製造遅延の787型に初めての解約

 北京オリンピックの経済効果は、凄まじい勢いのようですね。

 ですが、そのすぐ脇では、用地買収による立ち退きがあったものの、途中で工事が頓挫してしまい今なお、そこに住んでいる住人がいます。本当に道路一本隔てたすぐ脇です。
 住人の中には「オリンピックどころではない。…」との声も。
 これ、お隣の国の話ですが、今の日本社会でも格差が広がっている中で他人ごとでは片づけられないように思います。

 何か、重くなっちゃいましたが、ついでと言っては何なのですが

 こちらの“伝説のスピーチ”を是非。
 1992年6月。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロでの「環境と開発に関する国連会議( 環境サミット)」に集まった世界の指導者たちを前に、たった12歳の少女、セヴァン・ スズキの伝説のスピーチです。

 既にご覧の方もいると思いますが、いろんな意味で生活の中で必要な考え方、意識の持ち方ではないのかな?と感じます。



−ここからは、独り言です。−

 実際、賛否両論で、「きれいごと」とか「不可能」などのコメントも見られるようですが、私“るんちゃん”は出来ないことではないように思います。

 じゃあ、どうするんだ!と言われると、…わかりません。

 ただ、こんな地球規模でなく、身近なところで意識を変えることはできると思います。意見の食い違いで喧嘩になることってありますよね。これって本質的には宗教の違いで戦争を起こしているのと近いのでは? いじめにしても、引きこもりにしても、もう少し相手のことを認め合えていれば、かなり違うのでは。(いじめって子供だけじゃなく大の大人の中にもあるようですからね。)

 一概に全てそうだとは言えませんし、自分だって出来ていないことですが、たまに思うだけでも変わってくるのではないでしょうか?

−独り言、おしまい。最後まで読んでくれて、ありがとう!!

そう、そう、「ありがとう」って、一番良いエネルギー持っているんだそうですね。
では、では。





         

  

 




posted by るんちゃん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。