募金のご協力、ありがとうございましたぁ〜
 ☆('-^v)Thanks(v^-')☆


 無事目標金額に到達いたしました。12月25日、現在、渡米のための体力作りに励んでいるとのことです。
 募金に協力いただいた方々、ありがとうございました。この場をお借りして、感謝いたします <(_ _)>





2008年08月09日

首都高関連 事故現場を公開! そして距離別料金制、秋にも導入!?

 
 本日は首都高関連ニュースを!

にしても、ガソリン価格高騰の影響が大きいことは確かですね。
  
◆ 首都高5号線 “タンクローリー炎上現場”を公開!!

      首都高5号線 事故現場 公開.jpg

 今月3日に起きた、首都高5号線のタンクローリーが横転し炎上した事故で、首都高速道路会社が8日、事故現場を報道陣に公開した
 高架式の二層構造となっており、都心方向に向かう上の部分が長さ40メートル、幅15.5メートルにわたり熱で変形し、たわんで、道路の表面は最大で60〜70センチ沈下している。
 首都高速道路会社は、事故現場の上を通る5号上り線の橋げたを長さ40メートルにわたって架け替えると発表した。

 全面復旧には報道でもあったように最長で数カ月かかる見通しで、首都高では過去最大規模となる損傷とみられている。
 社長は経営への影響に「経済の落ち込み・ガソリン高で通行量が減っており、今回の問題で厳しい覚悟をせざるを得ない」と述べ懸念を示した。

◆ 首都高“距離別料金制”秋にも導入!?
 首都高速道路会社が2007年9月20日に明らかにした計画では、08年10月からの導入予定になっていたが、空前のガソリン価格高騰で、状況が変わりつつある。

 首都高・阪神 両高速が今秋にも予定中の距離別料金制だが、トラック業界などからは実質的な値上げになると異論が出ている。
 現行料金では、首都高東京線なら、普通車が一律700円。それが距離別料金のたたき台では、距離によって400〜1200円となる。「トラックは普通車の倍になるため、長距離走れば、2400円の計算になる。30分が10分に短縮されるなどのサービス向上があるなら別だが、制度が変わるだけなので納得できません」

 政府は8月6日、総合経済対策案の中で、利用者の負担緩和のため、高速道路の料金を値下げする方針を打ち出した。
                        一部引用


 トラック業界だけでなく、一般利用者のことも考えて貰いたいものですね。政府の方針も、「利用者の負担緩和のため」という名目だけで実質、消費者の負担は増える一方です。その場凌ぎの政策では、国民は政治に対する信頼も期待も持てないと思いますが…。









 

                 
posted by るんちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104423473

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。